●大施餓鬼会法要のご案内

    風の肌ざわりも春めいてまいり、心浮きたつ季節となったというのに、
    相変わらず、コロナウィルスは猛威をふるい、外出もままならぬ状態が続いています。
    本来ならば、皆様にお集まりいただき、御焼香下さいますことを御案内したいところですが、
    まだまだ御参集いただき、密の状態で御焼香していただくことや、昼食を御一緒に楽しみながら
    いただくことも中止した方がよいようです。

    ■令和3年 5月8日(土)

    ◎施餓鬼会とは・・・供養を受けない無縁仏や三界の万霊に対し、皆で供養してあげ、
    その功徳を、各家のご先祖や各々念ずる処の仏様に、めぐらし、むかわしむる、すなわち
    回向する法要であります。
     昨年同様、檀信徒の代表として役員さんに御臨席いただいて五月八日十時より住職と
    玉宝寺住職によって、施餓鬼会法要を執り行うことと致します。

     〇お塔婆を例年通り、ご希望される方は、同封のハガキにて四月十日までに、ご返信下さい。
     供養の方法としては、先祖代々その他特定の戒名(又は俗名)、無縁仏、水子供養などが
    ありますので、申し込みハガキの該当部分に〇をつける、あるいは或いは戒名(又は俗名)を
    書いて下さい。
    尚、書き方など不明な点のある方は、ご説明申し上げますので、ご遠慮なくお電話下さい。

    〇法要後、お塔婆はお寺の方で各家のお墓にたててまいりますので、皆様はご無理のなきよう様子を
    みてお墓参りをなさるとよいと考えています。

    〇施餓鬼料は、お塔婆一本につき五千円(供物を含む)です。
    施餓鬼料は、久野地区の方々には、御供物を役員さんがお届けして下さるので、その際にでもお渡し
    頂けると嬉しいです。
    又、地区外の皆様は、御都合のよい時に、お寺へ納めていただくか(火曜日以外の九時から三時までは
    留守番の者がおりますので、その者にお渡し下さい)
    玉宝寺に設けている事務所(小田原市扇町5‐1‐28)まで御郵送いただけたら幸いです。

    尚、久野地区以外の方には、施餓鬼がつとまりました後、お供物をお送り申し上げます。

    一日も早くこのコロナ騒動が収束することを願ってやみません。